自分は、散髪に行くと必ず、「五厘でお願いします」と頼みます。五厘=丸坊主ですが、頭がスースーしてとても気持ちいいです。まあ、多少柄が悪くなるという同僚からの少数意見もありますが、触り心地がいいという事でよく頭を撫でられます。
何故五厘にするの?と同僚からよく聞かれるのですが、理由は簡単。シャンプー代節約と風呂から上がるとすぐに乾くという事。安月給なのでこれはとても助かります。最近だと甥っ子も自分の髪形を真似たいらしく「じーじの頭!」と理髪店で言うようになったそうですが、甥っ子の親が「もう少し大人になってからね」と言い聞かせるそうです。まあ、まだ小学生ですし、進んで五厘にしたがるのはあんまりいない気がします。まあスポーツ等をする子供は髪の毛が煩わしいと短くする子もいるかもしれませんが。
自分が五厘にし始めたのは20ぐらいからなのですが、社会人が五厘はおかしいとよく言われるのですが、会社の老若男女はそりたての頭を撫でに違う部署からも来ます。
社長の耳にも入ったらしく、社長室に呼ばれ1分くらいグリグリ。
まあ、自分のこだわりが少しの安らぎになるなら本望です。